あおいそらが大切にしていることOUR PRECIOUS

  • ① あなたへ支えになる言葉を届けたい

    カウンセラーの一言がクライエント(お客様)に影響を及ぼしてしまい、人生を左右してしまうこともあるかもしれません。「あの時の言葉がずっと支えになっています。」という言葉に責任の重さを感じています。クライエントが語る言葉に真摯に耳を傾け、学び、向き合う中でベストを尽くしたかかわりに努めます。

  • ② 日常生活でやっていることの中にも、解決のヒントがないか、一緒に考えます。

    あおいそらのカウンセリングで目指すものは、普段の生活(現実)に生かせるカウンセリングです。テレビドラマの話題から、人との付き合い方、複雑な人間模様の学びもできるかもしれません。物事のとらえ方を学べる機会にもなることも。ちょっと見方を変えてみることで、新しい視点がでてくることもあります。日常生活について見つめなおし、丁寧にかかわっていくことで、前向きに「生きる」気持ちがでて、自信につながる工夫が見つかるかもしれません。

  • ③ あおいそらができることは…。

    あおいそらができることは、あなたの羽ばたくその瞬間までのお手伝い。一人では解決が難しい悩みでも一緒に向き合っていく中で、あなたが自分と向き合うことができたなら、それはもう旅立ちの時。どこに、そしてどうやっていくのか、ヒントがつかめたら自分を信じてやってみましょう。この広い空に、力強い羽を広げて飛んでいくことができるでしょう。いつまでも応援しています。とはいえ、これから先、羽を下ろしたくなったり、ちょっと休憩したくなったら…。その時はどうぞお越し下さい。お待ちしています。

  • ④ 人生を振り返る「駅」のような存在でありたい。

    「駅」を人生に例えたら、自分に向き合う、振り返りの場所といえるかもしれません。「駅」は目的地までの到達の駅としての意味合いがあります。また目的を決めていない旅で、ふと通りかかる駅もあります。急行電車や特急電車でサーと通り過ぎてしまう駅もあります。電車に揺られて、「ちょっと降りてみようかな」と降りて、一休みだってできます。次に電車が来るまで待つことも、ちょっと立ち止まって考える時間になるかもしれません。
    一度休んでしまったら、もう二度と動けないのでは?と、もう先がないのではと考えてしまう人もいるでしょう。そんな時は思い切って電車を降りて、ホームのベンチに座って、もう一度行き先を確認してみてください。目的の駅がなんなのか、どこにいこうとしているのかと。あおいそらは、あなたがどこに行こうとしているのか、一緒に考えたいと思います。目的の駅が見つかったら、それは旅立ちの時です。
    あおいそらは、あなたと一緒に人生を振り返る場所でありたいと願っています。

よくある質問Q & A

  • 自分の気持ちを言葉にすることが苦手です。うまくカウンセラーに話せるか不安があります。

    気持ちを言葉にすることは難しいものです。スラスラ話せなくても大丈夫です。思いつくところからお話しください。
    カウンセリングルームは気持ちを整理するところです。もやもやした気持ちに一緒に向き合います。

  • 1回のカウンセリングの時間はどれくらいですか。

    1回のカウンセリングは基本50分です。お子さん(高校生まで)のカウンセリングは基本30分です。
    初回は契約内容等の確認もあるため、基本70分となります。

  • 追加料金をとられることはありませんか。

    50分を過ぎる場合、10分につき1,000円(税抜)をいただきます。
    それ以外の追加料金は発生いたしませんのでご安心ください。

  • 医療機関にかかっています。カウンセリングは受けられますか。

    医療機関にかかっている方は、主治医の許可が必要です。
    また、主治医との連携が必要となる場合があります。別途ご確認いただきます。

カウンセラーの紹介COUNSELOR

西尾 顕子(にしお あきこ)

1968年生まれ。明治大学商学部商学科を卒業し、一般企業に就職後、産業カウンセラー資格を取得。2児の母親として子育てをしながら、中学校の特別支援学級の介助員を経て、発達に偏りのある生徒への支援のために専門的知識を深めたいと大正大学大学院人間学研究科臨床心理学専攻へ進学する。修了後、臨床心理士資格を取得。その後公認心理師資格取得。ハローワーク心理相談、教育相談センター専門相談員、看護学校でのスクールカウンセラー、老人保健施設での職員カウンセリングを経て、現在は東京・神奈川県の公立学校スクールカウンセラー、福島県にて震災支援緊急スクールカウンセラーとして私立高校に勤務している。東京、神奈川県内での保健センターでの乳幼児発達相談員や親子広場相談員として子育て相談に従事している。最近では、発達に偏りのある(発達障害の診断を受けた)お子様や家族に向き合う人の悩みに寄り添い、一緒にかかわり方や向き合い方を考える相談に力をいれている。

●保有資格 臨床心理士、公認心理師、産業カウンセラー
(一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定 会員番号:02003122)

●所属学会 日本心理臨床学会、日本臨床心理士会、東京公認心理師協会、
神奈川県臨床心理士会、日本産業カウンセラー協会 神奈川支部所属

“note”で日々の感じたことをつづっています。note